銀座K.T.C税理士法人

リクルートサイト
銀座K.T.C税理士法人

リクルートサイト
銀座K.T.C税理士法人

Interview > 得意分野を持とう
経営者の
相談相手になって
会社の成長を
支援していく
尾崎徳亮
中小企業・株価対策支援グループ
シニアマネージャー 税理士
会社発展のための
サポート役として

 私は中小企業のお客様を中心に担当させていただいております。中小企業のお客様へのサービスは、上場企業などの大法人とは異なり、経営全般をサポートできることが一番のやりがいです。日常の記帳業務や税務申告書の作成も行いますが、それらの作業を基に経営の方向性や資金調達の方法を共に考え、会社の発展のためのサポートをすることが重要な役割です。

 一般的に税理士は税務面で支援することが主な業務ですが、中小企業に対しては税務面だけでなく、採用、雇用制度、賃金設定などの人事関係まで支援を行っています。私は社会保険労務士の資格も保有していますので、ワンストップで税務、労務のサポートを行い、両方の視点から見たときにはじめてわかることをアドバイスすることで、お客様にご満足いただけるよう努めております。

若手経営者の
相談相手として

 もともと中小企業のサポートがしたいと思っていた私にとって、業務を通じて企業の将来について中小企業の経営者とともにお話をすることができることに、とてもやりがいを感じております。
 中小企業の経営者は資金繰りや人材の部分についてはなかなか相談できる相手がいません。これらの部分をしっかり支え、きめ細やかなサポートをすることが大切だと思います。

 担当する企業の経営者は40代の方が多いですが、最近は20代の方も増えてきました。若い経営者は意欲が高く前向きですが、実際にはどのように経営していけばよいのかわからないという人も多いので、私が今まで経験してきたことを生かしてアドバイスさせていただいております。
 お客様から経営のことだけでなく、日常のお話など経営以外のこともお話いただけたときに、信頼関係が一層強まると考えております。経営者の精神状態は経営に大きな影響を与えますので、精神面からもサポートすることができる税理士になれるよう心掛けています。

HOME採用メッセージ資格取得専門性人間力募集要項