銀座K.T.C.税理士法人

銀座K.T.C税理士法人

HOME > 税金お役立ち情報 > 決算書読み方Check:中級編

決算書読み方Check:中級編

決算書読み方Check

決算書の読み方能力 レベルチェック

「粗利益とは何か」「会社の良し悪しを判断するには何を見たら良いか」「繰延資産とは何か」「有価証券の時価評価はどのように行われるのか」。
基礎的なレベルから、やや高度な質問まで、会計に関する知識を確認する問題をご用意致しました。 「会計は難しくてわからない」という方にも、「もうそんなことは知っている」という方にも、ぜひ問題に挑戦して、決算解読力に磨きを掛けていただきたいと思います。

中級編

1.リストラのチェック

■当期において、従業員を大幅に削減するというリストラを行いました。次期の損益計算書において予想される以下の記述のうち適切なものはどれでしょうか。
(1) 販売費及び一般管理費の減価償却費が減少する。
(2) 販売費及び一般管理費の法定福利費が減少する。
(3) 営業外費用の支払利息が減少する。

解答

2.特別損失と特別利益の組み合わせ

■当期の損益計算書では、経常利益が5千万円出る予定です。固定資産売却損が1億円発生しているので、決算期が到来する前に取得価額1億円の子会社株式を2億円で売却しました。以下の説明のうち適切なものはどれでしょうか。
(1) 経常利益は5千万円で、税引前当期純損失が1億5千万円予想される。
(2) 経常利益は1億5千万円で、税引前当期純利益が5千万円予想される。
(3) 経常利益は5千万円で、税引前当期純利益も5千万円が予想される。

解答

3.引当金の意味

■引当金とはなんですか。正しいものを選びなさい。
a.将来、費用や損失の発生が見込まれるとき、それに備えて支払うべきお金を貯めておくこと
b.将来、費用や損失の発生が見込まれるとき、それに備えて前もって費用や損失を見積もって計上すること
c.条件付債務の会計用語のこと

解答

4.不良債権(償却)とは何か

■貸付金200億円のうちA社に対する貸付金は100億円です。この1年、A社からの支払はほとんどなく、100億円の貸付金は回収されるかどうか疑わしい状態です。担保として、A社所有の土地に抵当権を付けています。土地の時価は貸付時100億円、決算期末の時価は50億円です。
以下の貸借対照表の状態ではどれが一番、不良債権処理が進んでいるでしょうか。
a.貸付金      200億円
   貸倒引当金   △50億円
b.貸付金      200億円
   貸倒引当金   △25億円
c.貸付金      100億円
   貸倒引当金   △ 0億円

解答

5.繰延資産の意味

■繰延資産とは何ですか。正しいものを選びなさい。
a.繰延資産がないという会社は、商品の研究開発や市場開発を行っていないということであり、よくないということ。
b.繰延資産の会計方針を見れば、資産計上しているか、一時償却しているかがわかる。一時償却している会社のほうが、収益力があるといえる。
c.繰延資産がいくら計上されていても、会社の利益には影響ない。

解答

6.債務超過の意味

■ 債務超過とは次のうちどの状態をいうのでしょうか。
(1)負債の部の合計が純資産の部の合計(プラス)を上回っている状態
(2)固定資産の合計が純資産の部の合計(プラス)を上回っている状態
(3)純資産の部の合計はプラスで、欠損金がある場合
(4)純資産の部の合計はマイナスで、欠損金がある場合

解答
お電話・Eメールで
お問い合わせください。
お電話の受付時間
平日 9:30〜17:00
03-3541-2958
✉お問い合わせ
×
×
×
×
×
×

会社設立から組織再編、事業承継、相続など
「もう少し詳しく知りたい、相談したい」という方、
どうぞご一報ください。

●お電話の受付時間
 平日 9:30〜17:00 03-3541-2958
✉メールでのお問い合わせ
銀座K.T.C税理士法人
〒104-0061 東京都中央区銀座7-14-13 日土地銀座ビル3F